赤い糸


金沢美術工芸大学の卒業制作です。人が繰り返す出会いと別れ、生きている悲しみと喜びを、一本の赤い糸で表現しました。